輝きや劣化を防ぐガラスコーティングで愛車を長持ちさせましょう

ブルーの車

ガラスコーティングの利点と欠点とは

カーコーティング剤にはポリマー系とガラス系の2種類があります。少し前まではガラス系のコーティング剤は業務用でしたが、近年では個人用として様々な商品が出回るようになり、以前より比較的安く手に入るようになりました。今回はガラスコーティングに注目してメリットとデメリットをご紹介いたします。
まず、ガラスコーティングの最大のメリットは、効果の持続期間が長いことです。基本的にガラスコーティングの被膜は無機質で酸化しないため、施工が完璧なら1~3年程度は水洗いのみで十分です。また、ガラスの被膜は硬く強靭なため汚れや傷に強いという特徴があります。さらに、ワックスやポリマー系コーティング剤に比べて、明らかに優れた透明感のあるツヤを演出することができます。
ガラスコーティングの最大のデメリットは施工の難しさです。施工手順が多い上に被膜が強靭なため、塗装に失敗すると剥離除去・再施工に手間がかかります。個人で施工することも不可能ではありませんが、専門業者にお願いした方が仕上がり具合が違います。ガラス系の被膜は完全に硬化するまで数週間かかることもあり、その間は傷つきやすいというデメリットもあります。この点においても専門業者に委託した方が安全に保管してもらえます。ガラスコーティングは確かに高くつきます。しかし、一度の施工で後々の手間が省けるのなら、お金をかける価値は十分あると言えるのではないでしょうか。

愛車の長持ちにも繋がるガラスコーティング

カーボディコーティングとは、車の表面に加工を施すことによって輝きや劣化を防ごうというものです。店選びについてはディーラーさんにこっそりいい店を教えてもらっています。
コーティングにはボディガラスコーティングとボディポリマーコーティングという種類があり以前まではワックスがけが一般的でした。ワックスは主成分が油の為、コーティングとしてはどうしても良くない面が出てくるわけです。技術の進歩と共にガラス、ポリマーコーティングが出てきました。車の表面で化学合成を起こしているわけです。ガラスコーティングの方がポリマーコーティングよりも値段の相場も高い分、より効果が持続します。価格帯は4万円から7万円程度です。ポリマーコーティングは1万円から3万円程度となります。
もちろんピンキリの世界ですからガラスコーティングには10万円を超えるものもあります。謳い文句としてよく見るのが半永久というものです。化学物質でコーティングしているわけですから必ず劣化はします。半永久と謳い値段を高く設定しているお店もありますので、その点を見抜く必要があります。2、3年程度でガラスコーティングを繰り返すという方がよっぽど愛車の長持ちにも繋がります。

ガラスコーティングのメリットとは

車のガラスコーティングというのは、とてもお勧めできます。まず、今現在、最も一版的なのはポリマー系なのですが、これも素晴らしい効果があります。
しかし、やはりガラスコーティングのほうがよいことが多いです。これは被膜としてとても頑丈になるからです。雨、風、そして、砂などから車体を守ってくれるのです。途轍もなく大きなメリットがあるカーコーティングであるといえます。但し、ポリマー系よりもやや高くなってしまう傾向があります。だからこそ、昔は高級車のみに使われていた、という事実があります。
ですが、今では比較的安価でも入手できるようになっていますから、これを試してみる価値はあります。メーカーによって耐久性が保証されていることすらあります。長い物では3年も使えるコーティング剤なのです。ちなみにメリットとして、楽ができる、というのがあります。要するに洗車をする手間がかなり省けるからです。それこそ、普段は水洗いで十分に大丈夫、ということすらあります。それほどまでにガラスコーティング剤というのは性能が高いのです。
ですから、多少費用がかかることになりますが、それでも長く使うためには、最もお勧め出来る行為になります。

愛車の持ちが全然違う!ガラスコーティングをプロにしてもらうならこちら!☛ガラスコーティング大阪

UPDATE ARTICLE

  • 車の側面

    ガラスコーティングの素晴らしいところ

    ガラスコーティングの良いところは、ガラス皮膜がとても厚いところにあるわけです。破水性がとても強くなりますから、非常に耐久性が高くなっています。厚い膜は砂な…

    »VIEW DETAIL

  • 黒い車

    大事な車ならガラスコーティング

    カーコーティングというのは、要するに車を守るためのワックスのことです。ポリマー系コーティングが主流であったわけですが、その後、ガラスコーティングができるよ…

    »VIEW DETAIL